第2世代抗ヒスタミン薬中最も眠気が出ないクラリチン

花粉症の季節になると、鼻水・鼻づまり、皮膚のかゆみや湿疹など、様々な症状が現れることがあります。
その症状や重さは人それぞれですが、普段の生活や仕事などに支障をきたすこともあるため、花粉症の症状を抑える為に何かしらの薬を服用している方も少なくありません。

花粉症の内服薬というと、非常に眠気が強く出るというイメージがあります。
しかし、第2世代抗ヒスタミン薬であるクラリチンは、花粉症の改善薬の中でも最も眠気を起こしにくい薬と言われており、多くの方々に支持されています。
症状は抑えたいけれども、学校や仕事で眠くなったら困るという方に非常におすすめです。

クラリチンの主な成分はロラタジンで、花粉症を始めとするアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚のかゆみや湿疹などを抑える効果があります。
副作用には、眠気や倦怠感、腹痛、吐き気、湿疹、口の渇きなどがあります。
他の薬に比べると副作用自体はそれほど出にくいものではありますが、万が一何か身体に異変を感じた場合にはすぐに服用を中止し、掛かり付けの医師に相談するようにしましょう。

クラリチンは白い錠剤で、1錠10mgです。比較的小さめですので錠剤が苦手な方でも飲みやすくなっています。
基本的には1日1回1錠を食後に服用しますが、その方の体質や疾患、症状や年齢などの合わせて適宜増減されることもあります。

もしも他に常用している内服薬がある場合、必ず服用中の薬を医師や薬剤師に伝え、飲み合わせに問題がないかどうか確認してもらうようにしましょう。
妊娠中や授乳中の方、以前に何かしらの薬で重篤な副作用が発症した経験がある方も同様にしっかりとその旨を伝え、指示を受けるようにしましょう。

服用する際には医師が指示した通りに服用することが大切です。
飲み忘れた場合には出来るだけすぐに服用するようにし、決して2回分を1度に服用しないようにしましょう。
乳幼児の手が届かず、直射日光や湿気のない所に保管して下さい。

ドラッグストアでもクラリチンEXとして売られている

これまでクラリチンは病院で診察を受けた上で処方されなければ入手することが出来ませんでした。
しかし、最近では市販薬が登場したため、ドラッグストアや薬局などで手軽に購入することが出来るようになってきました。

大正製薬から2017年1月に発売されるようになったクラリチンEXは処方薬と同様、第2世代抗ヒスタミン薬に分類されるロラタジンを主成分としています。
効果も処方薬と同じで、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹などを抑えてくれます。
眠気も起こりにくいので、運転をする必要がある方でも安心して使用することが出来ます。

クラリチンEX市販薬は7錠入りと14錠入りの二種類が販売されています。7錠用に比べると、14錠入りの方が1錠あたりの金額がややお得になっています。
販売店によって販売価格も異なりますが、クラリチンEXは薬剤師がいるドラッグストアや調剤薬局でのみ購入可能な商品ですので、飲み合わせや体調などで気になることがあれば必ず相談して購入するようにしましょう。

処方薬のクラリチンとは異なり、クラリチンEXは15歳以下の服用は出来ません。
15歳以上であれば1日1回1錠を食後に服用するようにしましょう。
クラリチンEXには症状を緩和させるだけでなく、症状の予防にも効果がありますので、花粉の時期の少し前から飲み続けていると、症状を軽減させることが出来ます。

まれに眠気や倦怠感、口の渇きなどの副作用が起きることがあります。
その際にはすぐに薬剤師や医師に相談して下さい。クラリチンEXを服用した直後の飲酒は厳禁です。
また抗ヒスタミン成分を含む風邪薬や皮膚疾患薬などを服用中の方も服用することが出来ませんので注意が必要です。