花粉症治療薬ザイザルの効果と副作用

花粉症の症状を緩和する治療薬としてザイザルがあります。
花粉症だけでなく蕁麻疹や皮膚に関するアレルギー症状にも効果があります。
花粉症薬は眠くなりやすいと言う副作用がありますが、ザイザルは、その点が改良されています。
眠くなることを心配して花粉症薬を服用できなかった方にはおすすめです。

ザイザルの成分は、レボセチリジン塩酸塩でセチリジン塩酸塩の類似成分です。錠剤には約5mgが含まれています。
アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹、皮膚炎、かゆみに対する効果があるとして承認されています。
アレルギーの原因である抗原が体内に入り、刺激することでアレルギー反応が始まります。
そこで免疫細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、神経受容体と結合しアレルギー症状がみられます。
この神経受容体との結合を遮断すること、加えてアレルギーの関係する科学伝達物質が飛ばないようにすることで花粉症などの症状を抑えます。

花粉症の薬は、副作用として眠くなるというイメージがありますが、ザイザルは、その点が軽減されています。
抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代があり、第二世代の方が副作用が低減されています。
そのため第一世代では見られた口の渇きや排尿障害などの副作用もほとんど見られません。
また、効果の持続時間が長いため1日1回の服用で十分です。
そのため、眠気を気にする場合には、就寝前に服用することで、生活に支障がないように工夫することができます。

海外での試験では眠気の他に頭痛や疲労なども見られましたが重篤なものではありませんでした。
そのほかの重大な副作用として報告されているのが痙攣、肝機能障害、血小板の減少などです。
このような症状が見られた場合には、直ちに服用を中止して、医療機関に相談する必要があります。

妊娠している人やその可能性がある人、また授乳中の方は服用を避けた方がいいでしょう。
子供についても7歳以下の小児への安全性は確立されていません。

ザイザルと飲み合わせに注意すべきものとは?

ザイザルは比較的飲み合わせの悪い併用禁忌薬が少ないと言われています。
併用禁忌薬は一緒に服用することで悪影響があり、重篤な副作用が起きるものです。
薬同士の相互作用が原因で強め合ったり、弱めてしまったりすることがあります。

ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩は、セチリジン塩酸塩の類似成分です。
そのためセチリジン塩酸塩の飲み合わせの悪い薬は同じように影響します。
効能が同じ類似成分であれば副作用も似てくるということです。

喘息や気管支炎の治療薬のテオフィリンと一緒に服用することでザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩が強く体に作用する恐れがあります。

また、エイズウィルスの増殖を抑える治療薬であるリトナビルの場合は、相互作用によって双方の曝露量が変化すると言われています。
ザイザルに関しては40%強まり、リトナビルに関しては11%減少するという報告があります。
また、レボセチリジン塩酸塩が腎臓から排泄されるのを阻害する恐れもあります。

鎮静剤、睡眠剤、麻酔剤に利用される中枢神経抑制剤と一緒に摂取すると中枢神経抑制作用が増強されるおそれがあります。
結果として、中枢神経に影響を与えることになるので注意が必要です。
また、アルコールを摂取することも中枢神経抑制剤と同じ効果となるので、飲酒は控えた方がいいでしょう。
特にアルコールによって副作用の一つである眠気を強くすることがあります。

ピルシカイニドは不整脈を抑える薬ですが、併用することによって両方の薬の血液中の濃度が上昇して、ピルシカイニドに見られる副作用が発現することもあります。

その他にも安定薬や睡眠薬など脳神経を落ち着かせるための治療薬と飲み合わせると、神経系の副作用が強く出て眠気やふらつきなどが見られます。